ブラッドフォード大学で学ぶ理由

1882年にブラッドフォード大学の前身であるブラッドフォード・テクニカル・カレッジが創設された当時、ブラッドフォードは繊維工業の世界の中心地で、その商品は世界中で取引されていました。今日においては、世界レベルの教育・研究を発信している場所として、130カ国から学生が集まっています。1966年に認可を受けて生まれ変わったブラッドフォード大学。イギリスで40番目にできた大学であり、伝統校の一つとなっています。これらの歴史をふまえた上で、私たちは未来を見据えています。ブラッドフォード大学は卓越した教育と「Making Knowledge Work(=知識を活用させる)」を追求し、学生や教師たちにとって魅力ある大学であり続けることを目指します。

将来のために

大学の選択は人生を変える決断と言えるでしょう。大学は居心地が良く、学問的にも個人的にも成長できる場所でなければなりません。また、希望の職に就くために必要なチャンスを得られる場所であるかどうかということも重要です。

「Making Knowledge Work」というブラッドフォード大学のモットーは、あなたの将来を最優先させるという私たちの決意を表しています。卒業時にはスキルと知識を身につけ、前途洋々とキャリアに踏み出せるようにお手伝いすることを第一に考えています。また、在学中に素晴らしい時間を過ごし、学生生活の輝かしい思い出を作ることができるよう最善を尽くしています。

Making Knowledge Work

コースは経済界の助言を得てデザインされているため、職業に直結した実践的なスキルを身につけることができると高く評価されています。研究にも力を入れており、講義では最先端のプロジェクトを遂行している教授陣が教鞭をとり、時には経済界の協力も得ています。イギリスでの大学の研究評価であるRAE(Research Assessment Exercise)の最新の結果(2008年)においては、評価対象のおよそ80%の教員が、国内もしくは世界的に優れた研究を行っているとの 評価を得ました。

学習と教育

全ての教員は自身の専門分野への情熱を持っています。教授や講師たちの親しみやすさは学生の間で評判です。ブラッドフォード大学の教授法は、常に専門分野に関心を持ち、できるだけ多くのことを学べるよう、多様性と柔軟性を持たせることを目指しています。講義では概要を学び、セミナーでは少人数で詳細な議論を行います。実践的な学習が好きであれば、理論を試し実践的なスキルを伸ばすことができる実験や実践クラスを履修できます。また、チュートリアルで教授から個人的にフィードバックや指導を受けることもできます。在学中にできるだけ多くのことを学び、いろいろなことを達成してもらいたい。私たちのこの想いが教授法に反映されています。

学内の設備には常々投資をしています。
世界クラスの授業や学習環境と最新鋭の設備、活気ある学生生活を保証し、ブラッドフォードでの時間を本当に大事にできるようにすることを目指しています。

24時間オープンのIT設備

非常に優れたIT設備を備えており、学生一人当たりのパソコン数はイギリス国内の最高水準を誇っています。ノートパソコン、あるいはスマートフォンを持っていれば、全ての図書館、全ての主要な校舎内で、学内ネットワークにワイヤレスで繋がります。カフェもあり、宿題をしたりコーヒーを飲みながら次の講義まで待つこともできます。無料、もしくは安価なソフトウェアや、無料のウィルス対策ソフトも配布しています。

学期中は平日は24時間、週末は午後9時まで図書館のコンピュータが利用可能ですので、早朝や深夜に勉強したいときや、課題の締切り前などとても便利です。また、リッチモンド・ビルディングのアトリウムエリアでも、一年を通して毎日24時間パソコンを使用できます。

全ての寮には高速ブロードバンド・ネットワークが備えられており、無料で利用できます。寮の自室から学内ネットワークにアクセスでき、図書館の蔵書を調べたりメールを送ったり、インターネットで調べものなどができます。ほとんどの教員控え室、教室、実験室からもネットワークにアクセスすることができます。

知識へのアクセス

最上級の学習設備を提供することは、大学の重要な義務であると考えています。ラーナー・サポート・サービス(LSS)では、エッセイの書き方、引用の仕方、IT設備の使い方、履歴書の書き方や進路計画などに関するさまざまなサービスやワークショップを開催しています。入学後、より詳し い情報を提供します。

学習サポート

大学で新しい学習を始めることはとても面白い挑戦ですが、時に悩むこともあるでしょう。ブラッドフォード大学では、安心して学業に励むことができるように、ラーナー・デベロップメント・ユニット(LDU)がメールの書き方を指導したり、ワークショップなどを開催しています。専攻分野や成績に関係なく、無料で利用できる大学全体のサービスです。

図書館

ブラッドフォードの著名な作家の名前を持つJ B プリーストリー 図書館は600,000冊の蔵書を誇り、8,000もの電子ジャーナルにアクセスすることができます。キャンパスの中心に位置し、学期期間中は月曜日から金曜日まで24時間開館しています。自習室は個室とグループ用を設置。館内では無線でネットワークに接続することができ、多様な電子情報サービスにアクセスすることができます。

マネジメント・スクールには法律とマネジメント専門の図書館があり、最新のテクノロジーを駆使した近代的で明るい学習環境を提供しています。ほとんどの図書館サービス(研究、本の予約と継続予約、データベース閲覧など)は、いつでも好きな時にインターネットを介して利用することができます。利用の際は、膨大な情報の中から必要な文献や情報にたどり着けるよう、司書がアドバイスやガイダンスを行ないます。