留学体験談

ブラッドフォード大学で紛争、安全保障、開発学を学ぶ

E.Y.さん

ブラッドフォード留学中にフィールドワークでアフリカへ、卒業後はニューヨークで国連のインターンシップを経験されたE.Y.さん。留学の準備から現地での生活、帰国してこれからの予定まで、盛りだくさんのインタビューをご紹介します。

  • 専攻名:紛争、安全保障、開発学 Conflict, Security and Development MA
  • 留学期間:2012年8月〜2013年12月
  1. 第1回 留学を振り返って:留学生活編
  2. 第2回 フィールドワーク&インターンシップ:フィールドワーク全体について
  3. 第3回 フィールドワーク&インターンシップ:リベリアについて
  4. 第4回 フィールドワーク&インターンシップ:南スーダンについて
  5. 第5回 フィールドワーク&インターンシップ:国連インターンについて

第2回 フィールドワーク&インターンシップ:フィールドワーク全体について

2012年に、ブラッドフォード大学修士課程の開発学コースへ留学されたE.Y.さん。留学中の2013年2月にリベリアへ、2013年7月に南スーダンへそれぞれフィールドワークへ行かれています。修士論文提出後の2013年10月には、ニューヨークで国連のインターンシップをされました。 これから4回に渡って、フィールドワークとインターンシップについてお答えいただく予定です。 E.Y.さんの受講されたコースのスケジュールは、 第1回のインタビューをご参照ください。
E.Y.さんは、2013年2月にリベリアへ2週間のStudy Visitに参加されました。Study Visitは、学校が主催する研究目的の現地訪問です。さらに2013年6月には、南スーダンへフィールドワークへ。フィールドワークは、自身の研究のために自分でセッティングする現地訪問です。 多忙な修士課程コースと並行して、どのように現地の情報収取をし、準備を進めたのか。詳しくうかがいます。


 ブラッドフォード大学開発学部のStudy Visit /
 フィールドワークの体系(どのような時期に、何に参加できるように
 なっているか)を教えてください。

Study Visitは学校主催ですが、フィールドワークは自らの決断で行いました

1. Study Visit(実施時期:留学を開始した翌年の2月から2週間)
学校主催のフィールドワークですので、単位が授与されることが最大の特徴です。研修は学期中に実施されるため、その期間に開講される授業には出席できません。その際の休講は、担当教授が考慮してくれます。ペナルティーは課されません。

スタディビジット期間中に訪問した機関は、国連リベリアミッション(UNMIL)、副大統領などの政府要人、土地問題及び反汚職委員会、元子ども兵などです。また、コーディネーターさんに相談すれば、自分がインターンをしたいと思う国連機関やNGOを直接訪問できるように手配してくれます。

2. フィールドワーク(実施時期:6月下旬の2週間)
修士論文の提案レポートを執筆中の5月くらいに、フィールドワーク実施を決めました。ちょうど似たようなテーマ(国連によるPKOでの女性警察、軍事要員の増加について)を扱う日本人留学生の方と勉強会をしていたため、話の流れで現地調査が必要だと思い至りました。その後、受け入れ先となる国連ミッションの広報部へ手当たり次第に調査依頼メールを送り、5月下旬に南スーダンミッションから返事があり、決定しました。


 Study Visitやフィールドワークの訪問先の情報はどのようにして
 入手されていましたか?

現地の情報は、主にウェブサイトで収集しました

1. Study Visit
学校が主催なので、担当教授から配布されたシラバスに掲載されている参考文献や、主要なホームページから情報をあつめました。また、BBC、All African.comや米国のシンクタンク、現地情報はUNが提供するReliefweb(注:国際連合人道問題調整事務所のウェブサイト)も参考にしました。

2. フィールドワーク
調査対象がPKOミッションであったため、南スーダンPKOの現地ホームページを毎日チェックしていました。主要な報告書、文書はすべて読むようにしました。


 Study Visit / フィールドワークの参加は任意、とおっしゃっていましたが、
 応募すれば必ず参加できるのでしょうか?

Study Visitは申込めば参加できますが、フィールドワークは自分の覚悟次第です

1. Study Visit
学校主催なので、どんなに大人数でも参加希望を出して費用を支払えば可能であると思います。

2. フィールドワーク
これはもう、自分の責任で行うので、自分の覚悟が決まれば大丈夫です。


 Study Visit / フィールドワーク参加の費用は、
 ご自身でカバーする必要がありますか?

1. Study Visit

参加費用以外にも予防接種など出費がありますが、今後のキャリアには良い機会です

参加費用(570ポンド)は自己負担です。私は、留学当初からすこし値が張っても、どうしてもアフリカ、特にポストコンフリクト(紛争後)国を見てみたかったため、費用は思い切って払いました。
また、学校に支払う費用と同時に、感染症対策の注射、渡航先に持参する薬など、そのほかの出費もかかります。ただし、今、フィールドワークをアフリカなどの途上国ですることを考えている、就職場所もアフリカや途上国で、と考えている方には、打てる注射をできるだけ打つことができる格好の機会だと思います。今後の自分の進路を考えて、時間が十分あるうちに、そして注射がすぐ打てる環境にある時期に、できるだけ打つことをお勧めします。

2. フィールドワーク

奨学金プログラムもあります

すべて自己負担(約11万円)です。ただ、在学期間中に、学校のTrip Abroadという奨学金を受給するプログラム(提出締切はなく、早い者勝ちです)に応募し、渡航費用を工面する事ができました。


 Study Visit / フィールドワークに参加しようと思った理由を教えて下さい。

1. Study Visit

将来活動したい場所が、本当にあっているのか確認しようと思い参加を決めました

仕事でアフリカを扱っていたものの、アフリカを訪問したことがなかったので、まずはアフリカ1か国を訪問する必要があると常日頃から感じていたためです。また、今後の活動場所をアフリカに絞ろうと考えていたため、本当にアフリカでいいのかを自分で確認するためにも、参加しようと思いました。そして、学校が主催するため、空港から宿泊先までの送迎、宿泊先、訪問先のはすべてコーディネーターさんが手配してくれます。ここまで、いたせりつくせりの研修は無いと思い参加を決めました。

2. フィールドワーク

留学前から途上国経験を増やすためフィールドワークを行うことを決めていたこと。また修士論文のテーマの参考文献を読んでいると現場の声を含む一次データが不足していたため、自分の論文のアカデミックな議論を強化するためにも必要だと思い、決めました。



次回は、リベリアのStudy Visitについてお届けします。お楽しみに!