留学体験談

ブラッドフォード大学で紛争、安全保障、開発学を学ぶ

E.Y.さん

ブラッドフォード留学中にフィールドワークでアフリカへ、卒業後はニューヨークで国連のインターンシップを経験されたE.Y.さん。留学の準備から現地での生活、帰国してこれからの予定まで、盛りだくさんのインタビューをご紹介します。

  • 専攻名:紛争、安全保障、開発学 Conflict, Security and Development MA
  • 留学期間:2012年8月〜2013年12月
  1. 第1回 留学を振り返って:留学生活編
  2. 第2回 フィールドワーク&インターンシップ:フィールドワーク全体について
  3. 第3回 フィールドワーク&インターンシップ:リベリアについて
  4. 第4回 フィールドワーク&インターンシップ:南スーダンについて
  5. 第5回 フィールドワーク&インターンシップ:国連インターンについて

第3回 フィールドワーク&インターンシップ:リベリアについて

2012年に、ブラッドフォード大学修士課程の開発学コースへ留学されたE.Y.さん。留学中の2013年2月にリベリアへ、2013年7月に南スーダンへそれぞれフィールドワークへ行かれています。修士論文提出後の2013年10月には、ニューヨークで国連のインターンシップをされました。 今回は、リベリアでのStudy Visitについてお届けします。

E.Y.さんの大学での年間スケジュールは、第1回のインタビューをご参照ください。

E.Y.さんは、2013年2月にリベリアへ2週間のStudy Visitに参加されました。Study Visitは、学校が主催する研究目的の現地訪問です。Study Visitでの活動、大変だったことなどをうかがいました。

 どのようなメンバーで行かれましたか?

学部生から大学院生まで、多種多様なメンバー構成でした

合計20人。半数以上が日本人でその他はリベリア人、スイス人、ニュージーランド人、ドイツ人など修士から学部生まで多種多様なメンバー構成でした。 また、引率してくださった教授が西アフリカ、特にシエラレオネの政治、民主化の専門家であったため、研修中は彼を交えて議論をする機会が毎日ありました。

 主にどんなことをされましたか?(現地での生活や活動について)

国連リベリアミッション(UNMIL)、副大統領との面会、汚職や土地問題を扱う委員会、米国の援助機関(USAID)への訪問。加えて、2003年に終了した紛争の首謀者が拠点としていた地域を、首都から5時間かけて訪問しました。 また、希望すればコーディネーターさんが、国連事務所やNGOへの訪問を斡旋してくれます。実際、私は留学前から国連女性(UN Women)リベリア事務所でのインターンを考えており、事務所まで行き、直談判する機会もいただけました。(結局、採用には至りませんでしたが、、、。)

 大変だったことは何でしたか?

とにかく体調管理ですが、現地の医者へすぐに連れて行ってくれました

宿泊先は突然停電がおこったり、トイレの水が流れないなどのトラブルがありました。またタイトスケジュールであったためランチが設定されていなく、朝ごはんをしっかり食べて、お昼は外国人向けのスーパーで大量に買ったプリングルスを食べてしのいだりしました。 しかし、体調を崩してもすぐ、現地のお医者さんへコーディネーターさんが連れて行ってくれること、また自分の判断で今日は休む、と決めることもできます。が、私は結局、帰国して2日後、なぜかノロウイルスに感染し、3日間入院しました。

 一番印象に残ったことは何でしたか?

体調を崩した時に食べたチキンのおいしさです

首都から五時間かけて移動した2日目、すこし体調を崩して、ふらふらになりながら食べたチキンがとってもおいしかったことです。辛いチリソースが添えてあり、おなかも疲れで少しゆるくなっていたので、これは危ないかな?と思ったのですが、一口食べると気分の悪さがふっとぶおいしさでした。とにかくリベリア料理がおいしかったことが印象的です。

 この経験で学んだこと、
 その後の研究や留学生活に生かされたことは何ですか?

論文を読む時に、背景がより具体的に思い描けるようになったことです

体力強化の必要性です。 研究で生かされた部分は、現地を見たことで、論文を読む際やリベリアの地図を見る際も、現地の地形や人々の様子からより具体的に論文を理解できるようになった気がします。

 その他、伝えたいことがありましたらお願いします

国連やNGOにCV(※)持参で直接訪問し、自分を売り込んでみてください

体力はありすぎても無駄になることはありません。 また、Study Visitは開催期間が2月から3月です。夏もしくは修士論文提出以降に、国連や現地NGOでのインターンを考えている場合は、CVを持参して直接訪問し、自分を売り込むことができる格好の機会だと思いますので、ぜひ試してみてください。

※CVとは:Curriculum Vitae の略、英語の履歴書のこと

次回は、南スーダンのフィールドワークについてお届けします。お楽しみに!