留学体験談

経営管理学で修士課程(MBA)で学ぶ
他の人に恥じない専門性を身に付けたい

河原 優さん

他の人に恥じない専門性を身に付けたい
河原 優さん

  • ブラッドフォード大学
  • 専攻名:経営管理学 修士課程(MBA)
  • コース詳細
  • 留学期間:2006年10月~2007年9月

早稲田大学卒業後、財務省印刷局(現 独立行政法人国立印刷局)に入局され、製造、人事、経営企画部門等、4年半の勤務を経て職場の研修制度によりブラッドフォード大学 MBAコースへ留学された河原 優さんのMBA体験談をご紹介します。

「経営戦略、会計学、組織管理論等といったビジネスに必要な基礎的フレームワークをきちんと習得したい。」
「他の人に恥じない専門性を身に付けたい。」
「自分の英語力を確かなものにしたい。」

同年代の社会人であればきっと誰しもがこうした思いを抱くだろうと思います。国家公務員である私も例外にもれず同じ思いを抱くようになり、問題解決の手段として英国MBA取得にチャレンジしているところです。

ブラッドフォード大学MBA

私が数あるMBAコースの中でブラッドフォード大学を選んだ理由として、スケジュール構成の良さ、魅力的な選択科目、そして学生の多様性が挙げられます。

米国の主なMBAとは異なり、当校の MBA コース受講期間は1年と短く、スケジュール構成は生命線です。現在は第1学期であり、必修科目を受講しているところですが、特にレクチャー(講義)とチュートリアル(グループワーク)のバランスが良いという印象です。レクチャーでインプットし、フレームワーク化した知識を、その後の少人数によるチュートリアルでケーススタディ分析、ディスカッション等を行うことにより「知識」をより深い「理解」へと変化させていきます。また、最後にグループ・プレゼンテーションを行うのですが、多様な視点を学ぶことができるだけでなく、多くの日本人が苦手とする「英語で自分を表現する力」が自然と養われます。まだ MBA コースが始まりわずかの期間ですが、私自身、確かな手応えを感じ始めています。年明けから始まる第2学期では選択科目、3学期からは各自が企業と提携をするなどして進めていく卒業論文が予定されており、今から待ち遠しく思っているところです。

選択科目については、短期間ではあるものの、私自身が多くの部署を経験していることもあり興味の幅が広かったことから、この点は大変重要視しました。ブラッドフォード大学は近年マーケティングの分野で特に有名なようですが、その他の科目についても他校と比較して大変充実しており、私はサプライチェーン、プロジェクトマネジメント、会計学、組織管理論を中心に選択する予定です。

クラス&キャンパス

クラスメートは年齢層も高く、国際性豊かで毎日が新しい発見に満ち溢れています。今年度のMBA(Full-time)は世界30カ国近い国々から、昨年の2倍近くにあたる約150人(そのうち7名が日本人)もの学生が集まっています。科目ごとに異なるグループを構成するため、レクチャー中心のMBAスクールとは異なり、多様なバックグラウンドを有するクラスメートと深く関わる機会が豊富に提供されています。

ブラッドフォード大学は美しいマネジメントコース専用のキャンパスを有しており、最初に訪れた際には皆さん驚かれるかと思います。緑に囲まれた閑静なキャンパスでは野生のリスを見かけることも多く、静かで落ち着いたエグゼクティブな学習環境に私はとても満足しています。キャンパスのとなりには大きな公園もあり、勉強に疲れたときの気分転換として頻繁に利用しています。また、イギリスの中では比較的、生活コストを低く抑えることができます。

帰国後について

現在の勤務先は公営事業を営んでおり、今まで以上に国民、顧客から経営の効率化が求められているところであり、私がブラッドフォード大学で学んでいることは帰国後の業務に役立つものであると確信しています。英国 MBA を検討されている方にとって、本文章が少しでもご参考になれば幸いです。