留学体験談

開発学と経営学を学ぶ

小澤 一美さん

ブラッドフォード大学で開発学と経営学を学ぶ
小澤 一美さん

  • ブラッドフォード大学
  • 専攻名:開発学(プロジェクトプランニング&マネージメント)修士課程
          経営学(マネージメント)修士課程
  • 留学期間:2007年9月~

beo大学院留学準備コースを修了して、現在、ブラッドフォード大学で開発学(Development Studies)と経営学(MSc in Management)を学ばれている小澤一美さんの体験談をご紹介します。

  1. 大学院留学準備 (2007.10.24)
  2. 大学生活について(その1) (2007.11.20)
  3. 食生活について (2008.01.17)
  4. Semester 1終了 (2008.02.21)
  5. Semester 2終了 (2008.06.10)
  6. 大学生活について(その2) (2008.06.12)
  7. Dissertation終了 (2008.09.10)
  8. 大学院2年目(2008.10.21)
  9. Semester1終了(2年目)(2009.01.19)
  10. Semester2終了(2年目)(2009.08.21)
  11. Dissertation終了(2年目)(2009.08.24)
  12. 最終回 Graduation(前編)(2009.12.11)
  13. 最終回 Graduation(後編)(2009.12.11)

3.食生活について

今回は、英国での食生活についてお話しします。

3ヶ月と少し経ちましたが、大学寮生活かつ共同キッチンということもあり、自炊中心ではない私にとっては、大学周辺や町中のスーパー(“Sainsbury's”や”Morrisons”という英国第3,4のチェーンストア)で買い求める、チキン野菜サンドイッチやクロワッサン等のパン食が中心です。大学内のUnion Shopでは、多くは無いのですが、お米、カレーレトルト、インスタントラーメン、カップヌードルなどが手に入ります。さらに日本の食材が欲しければ、隣町Leeds駅近くのスーパー“Wing Lee Hong”で手に入りますし、もっと種類を多く欲しければ、Londonから通販で取り寄せる事も出来ます。

大学の食堂では、カレーライスやチキン野菜炒め丼等のご飯類(3.45ポンド)が毎日食べられます。米は長くてパサパサしていますが、全体の味付けとしては悪くはありません。それから、12月中旬には、Christmas Lunchとして、七面鳥/ソーセージ/7種野菜のディッシュ(3.45ポンド)や、ヨークシャープディング(0.35ポンド)など特別メニューが用意されましたが、なかなか美味しくて1週間通いました。

大学周辺では、カレーライス店が20軒ほどありますが、”Omar”[写真 1参照], “International”という2軒のお店に行きました。5ポンド前後で食べられます。美味しい部類に入りますが、塩分が若干多いのと日本とは味付けが何かが違います。また、Boiled rice(白米)よりFlied rice(チャーハン)のほうが美味しいです。それから、”Omar”でナンを頼むと、到底一人では食べ切れない程の量が出てきます。

英国の代表的な料理”Fish & Chips”(5ポンド,白身魚フライにフライドポテトを加えたもの)を町中のPub ”City Vaults”[写真 2参照]で食べましたが、初めは美味しかったものの、量が多く、かつ味が淡白だったので、最後の方は飽きてきました。塩やビネガーをかけた方が味が締まったかもしれません。

写真1 写真2

さらに、日本でのPre-Master Programの授業の中に、英国文化の紹介として料理の話がありましたが、その中で覚えていたのが、English Breakfastには定番で加えられる”Baked Beans”(日本でも洋食レストランでよく見かけるもので、ゆでた大豆にトマトソースで味付けしたもの)です。これが、チェーンストアで缶詰(Heinzブランド)として販売されています。美味しくて気に入っています。それから、最近発見しましたが、具沢山の”Heinz/Big Soup”の缶詰は、Chicken Vegetable, Beef Broth, Chunky Vegetable等10種類ほど有り、美味しくて、安価(400g, 0.40-0.80ポンド)で、電子レンジで暖めるだけの手軽さなので、かなり気に入っています。

この大学には日本人学生が比較的多く在籍していますし、中には料理が上手な人も居ますから、時々皆と集まって日本的な料理を楽しむ事もできます。このように、日本の食生活とは当然異なりますが、その違いを楽しむ、あるいは、新しい味を発見する気持ちを持てば、食事を通じて英国文化の一端が見えて別な楽しみ方ができるでしょう。