留学体験談

開発学と経営学を学ぶ

小澤 一美さん

ブラッドフォード大学で開発学と経営学を学ぶ
小澤 一美さん

  • ブラッドフォード大学
  • 専攻名:開発学(プロジェクトプランニング&マネージメント)修士課程
          経営学(マネージメント)修士課程
  • 留学期間:2007年9月~

beo大学院留学準備コースを修了して、現在、ブラッドフォード大学で開発学(Development Studies)と経営学(MSc in Management)を学ばれている小澤一美さんの体験談をご紹介します。

  1. 大学院留学準備 (2007.10.24)
  2. 大学生活について(その1) (2007.11.20)
  3. 食生活について (2008.01.17)
  4. Semester 1終了 (2008.02.21)
  5. Semester 2終了 (2008.06.10)
  6. 大学生活について(その2) (2008.06.12)
  7. Dissertation終了 (2008.09.10)
  8. 大学院2年目(2008.10.21)
  9. Semester1終了(2年目)(2009.01.19)
  10. Semester2終了(2年目)(2009.08.21)
  11. Dissertation終了(2年目)(2009.08.24)
  12. 最終回 Graduation(前編)(2009.12.11)
  13. 最終回 Graduation(後編)(2009.12.11)

5.Semester 2終了

5月23日にSemester 2が終了しました。Semester1と比較すると、早く時が過ぎたような気がします。Semester1よりも多忙であった為と思います。Teaching termとして12週, Easter休暇が2週, Examinationが2週の計16週でした。

写真1 写真2

やはり、グループワークが印象に残ります。「Project Appraisal and Economic Analysis」というコースのグループワークでは、繊維産業、教育、道路建設、水資源開発、農村開発、保健医療などのグル ープに分かれ、プロジェクトの査定と経済的分析を行うものです。教授が考え出した仮想国の政府、公的機関、産業界、市民社会、一般経済/社会情報等の各層が情報を所有(WEB上)しているので、それらから必要な情報を収集し、分析を進めて行くものです。一種のシミュレーションゲーム的な面白さがあり、私は繊維産業グループで、地域社会の産業活性化を狙い、会社を設立して採算の取れる事業提案に仕上げていくものでした。私のグループの出身国は、ルーマニア、ドバイ、ヨルダンの計4人で、毎週2,3回のペースで計14回のミーティングをしましたが、最長が朝9時から午後9時まで行ったことがありました。議論が白熱して、他の人から見れば口論をしているように思われた事もありましたが、チームワークは抜群でした。アウトプットとして、ビジネスプラン(提案資料)と、4人で分担した計20分間のプレゼンテーションを行いましたが、高得点が取れるものと確信しています。グループワークでは全員持ち味を出す事ができ、私自身、彼らから学ぶスキルが多く、一般講義では得られないものを得た気がします(写真1:プレゼンテーション後に教授[中央]とグループメンバーとの記念撮影)。

Essayについてですが、Semester1と同程度の分量のAssignmentでしたが、学習効果が表れたためか、Semester1と比べ、スムーズに消化できました。Semester1でEssay専用ノートを作成しましたが、これを参考にしながら、スケジュール立案&管理、そして作戦を練りながら進めました。このテクニックは自身で開発したものであり、来期に向けて益々自信に繋がるでしょう。ただ、Semester1のWinter休暇と同様、Essayを書く為に休暇があるようなもので、3月のEaster休暇中のほとんどをEssayに費やしました。やはり大学院らしいハードさと言えます。beoの大学院留学準備(PMP)コースを土台に、Semester1の成果があり、そして、Semester2に繋がったことを実感しています。

そして、Semester2最終日(5月23日)には、立食パーティ形式で、サンドイッチやフルーツを頬張りながら、かつクラスメートや先生方と写真を撮りながら、最後は”Feedback session”として、コースディレクターへの来学期に繋がる意見や提案を学生側からおこなって、お開きでした(写真2参照)。

5月26日からは、Dissertationのステージに入っています。講義はありませんが、9月初めの提出期限まで、各自リサーチを進めながら、かつ教授と相談しながら進めて行く時期に入ります。Dissertationに関しては、大学院留学準備(PMP)コース時の先生方のアドバイスを参考にしながら、かつ図書館にある先輩方のDissertationを読みながら昨年10月から考えてきましたので、1月末に提出した「テーマと概要」についてはすんなりと決まりました。一般的に新卒のクラスメートほどテーマを絞るのに苦労していたようです。大学院留学準備(PMP)コースの威力が発揮されたと実感しています。