留学体験談

学士課程・修士課程で紛争解決学を学ぶ

高見 修平さん

留学は単なる通過点であり、留学で培った経験を自分の未来にどう活かすかが重要。
高見 修平さん

  • ブラッドフォード大学
  • 専攻名:紛争解決学(Conflict Resolution) 学士課程・修士課程
  •  » 平和学 コース詳細 
  • 留学予定期間:2007年9月~2010年9月

beoの留学サポート利用して、現在、ブラッドフォード大学 紛争解決学(Conflict Resolution)に留学中の高見修平さんの体験アンケートをご紹介します。

  1. 大学学部留学
  2. 大学院留学

【Q1】留学準備について苦労された点を教えてください。

まず始めに、自分の志望する研究内容と大学の専攻学科の適応性がどの程度合っているのか否かの見極めに苦労しました。 「紛争」を研究したいといっても、イギリスには「平和学部」や「戦争学部」などが存在し、更には「国際関係学部」の中に「紛争予防コース」が併設されていたりと、「紛争」をどのような角度から考えるかで、それぞれの大学が持つ固有の特徴があります。 まずはそれをじっくりと見極めることが非常に大切だと思われます。 私の場合には、当大学のホームページやオフィスの方々とのカウンセリングを重ね慎重に決めました。次に、実践的に入学基準を満たすことです。 主に、IELTSやパーソナル・ステイトメントがあります。 私の場合は、大学留学の前にイギリスへ約5ヶ月間、語学留学をしました。 オフィスのコースにも「IELTS対策講座」や「エッセイ添削講座」など、多様なコースが開設されているので、検討されるといいかと思います。

【Q2】受講した当オフィスの留学準備コースについての感想をお聞かせ下さい。

私は特に「留学準備コース」を受講したわけではありませんが、受講したことのある友人は「コースそれ自体も十分充実していたが、授業以外でも留学の準備等で丁寧に対応して頂き」大変感謝していました。

【Q3】イギリスの学校・コースを決めた理由を教えてください。

個人的には、以前にイギリスにホームステイした経験があり、イギリスの風土や文化に馴れ親しんでいたというのも理由の一つですが、イギリスには私が専攻している「平和学」を始め「開発学」等、現在の国際社会が抱える諸課題を研究する機関が数多くあり、またイギリスはそのような学問領域の先駆的存在でもあります。 因みに、私の在籍する大学には非常に多くの博学で実務経験も豊富な教授陣が籍を置き、勉学のことは勿論、将来の仕事に関しても的確なアドバイスが得られることでしょう。また、特に、上述したような発展途上国に関する研究は、大学研究付属機関のみならず、アムネスティ・インターナショナルやオックス・ファム等のNGOに代表されるように、数多くの民間団体(本部)も存在します。 それらの団体のコンファレンスを現地で体験できるというのも、イギリス留学の一つの利点であるように思います。

【Q4】beoの留学サポートを利用しての感想をお聞かせ下さい。

担当のカウンセラーの方を始めオフィスの方々には、大変お世話になりました。 現地(イギリス)大学との迅速で大変丁寧な対応や、志望大学を決める段階から渡英直前までのサポートには感謝の言葉もありません。 私は勿論、イギリス留学に関して何の予備知識も持ち合わせていなかったのですが、そのような方でも気兼ねなく相談できると思います。 少しでもイギリス留学に関して興味を抱いた方は、是非オフィスに足を運んでみて下さい。 必ず、「留学」という文字が現実に近づけると思います。