学べる分野・コース

社会国際学部 School of Social and International Studies

社会国際学部では平和学、開発・経済学や人文社会学などを学ぶことができます。本学部は優れた研究・教育環境を提供し、地域、国、世界のレベルで社会的・経済的課題に貢献することを目指しています。

平和学科 Peace Studies

平和学科は「平和と紛争」を研究する世界最大規模の専門機関です。400名以上の教員と学生を抱え、平和学研究において世界的な評価を得ています。コースは紛争分析、社会正義、人権、開発に関連する問題に重点を置いています。21世紀においてより重要性を増すグローバルな問題の理解を深めることを重視し、従来からの政治、社会学、歴史、哲学、国際関係と心理学を取り入れつつ、学際的なアプローチでコースを進めます。

開発・経済学科 Development and Economic Studies

開発・経済学科は、貧困撲滅、環境問題、ジェンダーと社会問題、人材開発、政府の役割、民間社会と援助仲介機関をはじめとする、開発上の鍵となる課題やトピックを網羅した幅広いコースと選択科目を提供しています。研究のアプローチには、「開発のプロセスをよりよく理解、実践して人類の福祉向上のために貢献する」というセンター独自の活動使命が反映されています。